罷免訴追事件の裁判

罷免訴追事件の裁判というのは、裁判官を罷免させるかどうかを決定するために行われる手続きのことで、わが国の憲法や弾劾法の規定にしたがって進められます。
手続きの流れはおおむね一般の刑事事件と同様ですが、このなかで判事役を果たすのは、衆議院・参議院においてそれぞれ選任された国会議員となっており、実は検察官役も訴追委員会と呼ばれる組織に属することになった国会議員です。
法律上、罷免される事由としては、職務上の義務に違反した場合や、その他国民に対する威信を失墜するようなふさわしくない行為があった場合などが該当します。過去の実際の例で見ると、利害関係者から賄賂を受けてその事実のもみ消しを図ったり、女性にストーカー行為やわいせつ行為をしたなどの理由が挙げられます。
この手続きのなかでは、検察官役の訴追委員会と、訴追された裁判官本人がそれぞれ出廷して証拠を出したり主張を述べ合ったりして、事実関係や法律関係を明らかにする審理が行われます。
罷免訴追事件について一連の審理が終わった後で、罷免させるかどうかを判事役の国会議員たちが話し合い、その3分の2以上が賛成した場合には、罷免の判決が宣告され、訴追された本人は職を失うことになります。

Filed under: 未分類 — ふぇす 12:10 PM